審美治療・ホワイトニング

審美治療・ホワイトニング~銀歯が気になる・歯を白くしたい~

審美治療・ホワイトニング~銀歯が気になる・歯を白くしたい~

お口を大きく開けたとき、以前治療した銀歯が見えて気になることはありませんか? 銀歯は白い歯列の中で目立つだけでなく、金属アレルギーの原因となったり、歯ぐきが黒ずむなど、様々なデメリットがあります。

こちらでは大塚駅から徒歩2分の歯医者、あお歯科クリニックの審美治療やホワイトニング治療についてご紹介します。銀歯をセラミックの白い歯に替えたり、歯の黄ばみを改善したりして、口元の見た目を美しくしましょう。

見た目も機能もすぐれた審美治療

見た目も機能もすぐれた審美治療

保険が適用されるメタル製の修復物は、何より安いというメリットがありますが、一方で様々なデメリットがあります。これに対して自費治療のセラミックの修復物は、見た目やからだの健康にとって様々なメリットがあります。
当院では審美素材の技工物を、高い品質でしかも低コストでお届けすることが可能です。銀歯をセラミック製の歯に替える審美治療については当院へご相談ください。

セラミックを用いた審美治療とは

セラミックを用いた審美治療とは

保険適用のむし歯治療では、細菌におかされた部分を削りとって、その部分を修復物で補う治療を行います。保険適用の補綴治療(ほてつちりょう)は最低限の機能回復を目的とするため、見た目や治療後についてはあまり考慮されていません。

審美治療は機能回復だけでなく、見た目の改善もはかった治療です。お口の中で目立ってしまうメタルの詰めものや被せものをセラミック素材に取り替えることで、白く透明感のある、美しい見た目を実現します。

セラミックを用いた審美治療とは

さらに、セラミック素材は見た目がすぐれているだけではありません。強度にもすぐれ、長年使用しても変色しにくいという特徴があります。また汚れやプラーク(歯垢)が付着しにくいので、むし歯や歯周病にかかるリスクも減らせます。

このように、審美治療は見た目だけでなく、からだへの影響や治療後の予防についても考えられた治療です。デメリットとしては、自費治療なので保険治療に比べて費用はかかってしまうという点にあります。

メタルで修復するデメリット

保険適用のむし歯治療では、多くの場合、削った部分を補うのにメタル製の被せもの(クラウン)や詰めもの(インレー)を使用します。治療に使用されるのは12%金銀パラジウム合金。治療費用は安くなりますが、次のようなデメリットのある素材です。

審美性に劣る 白い歯列の中で銀の修復物は目立ってしまい、見た目がよくありません。
金属アレルギーのリスク 長期にわたって使用することにより、銀イオンが溶けだし、金属アレルギーを起こすことがあります。
歯ぐきが黒ずむ 溶けだした銀イオンの影響により、歯ぐきが黒ずんでくることがあります。
噛み合う歯を傷つける 天然の歯よりも硬いため、噛み合う歯を傷つけてしまうことがあります。
むし歯や歯周病にかかるリスク 銀歯と自分の歯とのすき間から細菌が入り込み、むし歯や歯周病を引き起こすことがあります。

保険治療では、最低限の機能を取り戻すことのみを目標にしています。このためメタルの補綴物は、見た目がよくないだけでなく、からだに対しても様々なデメリットがあるのです。お口の銀歯を、見た目も機能もすぐれた白いセラミックの歯に替えることを検討してみませんか?

質の高い治療は長期的に見るとお得?

質の高い治療は長期的に見るとお得?

歯は一生にわたって使う大切な道具です。このため保険適用の治療を行うことによって、一時的に治療費用が安く抑えられたとしても、むし歯を繰り返すと、結局高くついてしまうことがあります。

これに対して、耐久性のあるセラミック素材を用いた審美治療は、長持ちする上に、「金属アレルギーを起こさない」「むし歯や歯周病の再発リスクが抑えられる」など、健康面でもすぐれた治療です。長期的に見れば、治療回数を抑えられるので、決して高い治療とはいえません。

これは、保険が適用されない予防治療についても同様です。定期検診や歯のクリーニングなどのメンテナンス処置を受けることによって、むし歯や歯周病を予防し、多額の治療費用がかかるのを避けることができます。

当院の取り扱い素材

メタルボンド

メタルボンド

目に見える表面部分にセラミックを使用し、見えない内側にメタルの素材を使った被せものです。内側が金属なのでゆがみを起こしにくく、強度があるため、力のかかる奥歯などにも使用されます。

表面はセラミックなので見た目は美しく、透明感があり、変色しにくい審美素材です。ただし内側に金属を使用しているため、金属アレルギーを起こすリスクはあります。

オールセラミック

オールセラミック

内側部分も表面部分もすべてセラミック製の審美素材です。コンピューター技術の向上にともない、セラミックを削りだす精度が洗練されたことによって、オールセラミックの修復物が実現しています。

光の透過性にすぐれ、天然の歯と変わらない見た目が得られます。すべてがセラミック製なので、金属アレルギーを起こす心配がありません。ただし、メタルボンドに比べると割れやすいというデメリットがあります。

ゴールド

ゴールド

ゴールドはメタル素材ですが、保険適用の銀歯と異なり、天然の歯との適合性が高く密着する素材です。このため、すき間から細菌が入り込みにくく、銀歯に比べてむし歯が再発しにくいというメリットがあります。

また銀と違って、金属イオンが溶けだすということがほとんどなく、金属アレルギーのリスクや歯ぐきの黒ずみもあまり起こりません。金属のため強度が強く、力のかかる部位にも使用できます。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

歯の表面を薄く削ってから、つけ爪のようにセラミックでできたべニアを貼りつける治療です。セラミックなので天然の歯の色に近い白さを実現でき、前歯の形や黄ばみが気になる方におすすめです。

削る量はほんの少しで済み、費用負担もあまりかかりません。またしっかり接着するので、長期間、白く美しい歯を保つことができます。また、少し大きめのラミネートベニアを貼りつけることで、すきっ歯など、ちょっとした歯並びの乱れを治すことも可能です。

ホワイトニングについて

ホワイトニングについて

歯はコーヒーや紅茶、ワインなどの濃い飲食物、たばこのヤニ、加齢などによって黄ばんできます。歯を白く美しくしたい……と思っていても理想的な白い歯を手に入れるために健康な歯を削ったり抜いたりすることは避けたいものですよね。歯をクリーニングすることで表面の汚れを落とすことはできますが、どうしても黄ばみは残ってしまいます。
そこで歯を削ることなく、薬剤によって歯の黄ばみを分解し漂白する治療がホワイトニングです。ホワイトニングには歯医者で行うオフィスホワイトニングと、ご自宅で行うホームホワイトニングがあり、当院ではどちらにも対応しています。

患者さまからご希望をお伺いして、最適な治療方法のご提案を行います。歯の黄ばみが気になる方はお気軽にご相談ください。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

歯医者で行うホワイトニング治療です。高濃度の漂白剤を用い、ホワイトニング専用のレーザー光を照射することで、短期間で色を白くすることができます。効果がすぐに現れる一方で、「色が後戻りしやすい」「薬剤がしみることがある」といったデメリットもあります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

自宅で行うホワイトニング治療です。歯医者で自分の歯型に合ったマウストレーを製作し、その中にホワイトニングジェルを注入してから歯に装着します。少しずつ歯を白くしていくのでオフィスホワイトニングに比べて時間はかかりますが、その分後戻りしにくいという治療です。

料金表
メタルボンド・ゴールド
使用部位により異なるためご相談ください。

(税別)

ホワイトインレー(白い部分的な被せ物)
・ハイブリッドインレー
 プラスチックとセラミックの複合型インレー
25,000円~
・オールセラミックスインレー
 すべてセラミックスのインレー
40,000円~
ホワイトクラウン(白い全体の被せ物)
・オールジルコニアクラウン
 透明感などはありませんが強度に強く奥歯に向いています。
55,000円~
・陶材焼き付けジルコニアクラウン
 透明感なども天然歯に近づけることができます。前歯に向いています。
85,000円~
ホワイトニング
・ホームホワイトニング(TiON) 上下16本 25,000円~
・オフィスホワイトニング 1回 20,000円~